《スポーツ外傷》ゴルフ

folder未分類

スポーツそれどれ特有の怪我や体の痛め方がるようです。

 

また、このスポーツにはこの姿勢が理想的

という形もあるようで

クセとして定着してしまうこともあります。

 

ゴルフは上半身を前に倒した姿勢から

体を回旋させるときに痛め

左肩甲骨背骨側あたり

腰痛

右親指

 

を 痛める傾向があります

前かがみ姿勢を支えるために

おしり、背中 背面の筋力維持と

きれいに回旋するための背骨の動き、

ズレ、ねじれをリセットしておくこと

で快適なスウィングを繋がります

 

大半の方は

姿勢が崩れているご自覚はありませんし

歪んでいるのもお気づきではありません

何と言ってもご自身の背中は見えないですし、スポーツをやり込んでいる方ほど痛めたまま継続されています。

プロスポーツなどは常に小さな不調を抱えトレーニングをされていると教えていただきました。

プロの方たちですからメンテナンス、体作りもしっかりされていらっしゃっていても。

やはりご自身にあったメンテナンスを見つけられるといいですね。

 

一度しっかりリセットされればあとのメンテナンスは簡単です。

 

生活の質の向上とご趣味を存分に楽しめると体を実現されてくださいね

 

■ゴルフ外傷改善目安

改善経過は捻挫や脱臼、骨折などと同じ

繰り返し傷めにくい体の位置関係を維持し、それぞれのダメージ箇所が回復する間キープするよう維持するだけ。

平均的には 初回〜4回 でおおよそ全体のリセット

その後見えない部分までの損傷箇所が癒えるまでのさんしゅ〜一ヶ月体をキープするためのメンテナンス

 

その後はこれまでを振り返り、これからは痛めない生活、どのくらいの体調を維持されたいかを見据え定期的にてをいれる。だけ。

 

比較的なんとか安く、早く、便利にことを済まそうとしてしまうと結果は中々でません。

ある程度人の手を借りるというのも成功法のひとつ。

情報提供はしっかりさせていただきますので何なりとおっしゃってくださいませ。

 

 

ホットペッパービューティーはこちら